Tuesday, January 20, 2009

指数対数

みんな大好きジンバブウェ・ドルの対外貨レート。
http://zimbabweanequities.com/
もはや対数グラフで指数曲線を描くスーパーアクロバティック通貨。こりゃペンゲーを超えるぜ!
つーか去年も1/100億くらいのデノミやってたはずなんだけどな。そしてその2年前にも1/100だっけ? うわーデノミも指数曲線。

とりあえず今を記録する意味でもスクリーンショット撮ってみた。

いまんとこ1米ドル=1京2千兆ジンバブウェ・ドルくらいらしいです。
というか衝撃はそこではなくて。
sextillion(米式だと10垓?)なんて単位、はじめて見た。

(1/29追記)
1/23段階でのレートは1USD=13京Z$くらいだそうです。というか3日で1/10かよ!

あと、どうも今までぐしゃぐしゃになりながらもレート算出の根拠(OMIR)になっていたジンバブウェ証券取引所が無期限閉鎖になったそうで。
もともとなかったレートがこれで公式に算出されなくなったと思うと感慨深いものがあるようなないような。
しかし使い道のないジンバブウェ・ドルのほとんど唯一の流通先だった株式市場がなくなって、名実ともに子供銀行券になってしまいました。というか実際はみんな米ドルか南アフリカランド使ってる(し、証券取引自体もヨハネスブルク市場で回ってた)んだから関係ないといえば関係ないんだろうな。

1 Comments:

Anonymous maicher said...

This comment has been removed by a blog administrator.

February 16, 2009 at 4:03 PM  

Post a Comment

<< Home